宗教的な浄霊

浄霊の方法は宗教によって様々です

浄霊という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
ですが、実際にそれがどういった事をするのか知らない人が殆どです。
それらはやはり自分自身が浄霊をしている場に立ち会ったり、される側にならないと経験出来ないからです。
このらを行う方法ですが、宗教によって様々な方法がとられます。
お札やロウソクや数珠などを使う場合もあれば、聖書といった本や清められた水などを使用する場合もあります。
教えによって方法が違う理由としては、教えとされている宗教の考え方が違う点があげられます。
浄霊する目的としては悪い霊とされるものを追い払うという考えや、成仏させるという考え、他には退散させるという考えなどもあります。
それによって方法が異なるというわけです。
考え方は方法が違うからと言って、それらが全部間違っているというわけではなく、宗教の中にあるそれぞれの教えから導き出された正しい方法となるからです。
どの方法や教えが正しいかや信じるかは、人それぞれのとらえ方や価値観によって変わるといってよいです。

宗教的な浄霊の概要と必要性について

浄霊とは人や物に憑りついた霊の不浄な部分を清める宗教的な行為の一つを指します。
多くの方にとって除霊との違いが分からないと思われますが宗教的には除霊は人や物に憑りつかれた霊を強制的に取り除く事に対して浄霊は霊が持つ未練や恨みといった問題を解決する事によって霊自体が持つ問題を消化させる事で霊自体がこの世に残る事なく本来いるべき霊界に送る事になります。
この行為においてどのような利益が得られるのかと言いますと霊の悩みを解決させる事によって人間的の価値観をより昇華する事が可能であり、善行を積む事によって将来的な利益だけではなく、心理的余裕を持つ事が可能になるといった事が可能になります。
他に浄霊を行う意義としては除霊を行うに当たって、通常の人では行う事が難しく多くの人が出来ない事である事とから多くの人が除霊ではない方法で問題解決をするのと霊が抱える根本的な問題を解決する事によって霊の悪事の再発を防止する事が出来る事が挙げられます。

Favorite

Last update:2017/4/10